生花でもなく造花でもないプリザーブドフラワーの魅力

2014 - 04.09

花というのはその場を華やかにし心癒される存在です。ですが花の美しさは短く時間が経てば枯れてしまいます。枯れた花は華やかさの反対でその場の雰囲気を暗くしていまいます。毎日花を交換できればいいのですがそれも金銭的にも大変です。プリザーブドフラワーは、水のいらない生花のようなものなのです。お部屋をいつも華やかに彩ってくれます。


<美しさが長持ちする花>

花の美しさがいつまでも続けば嬉しいですが時間が立ては枯れてきます。枯れた花は美しくありません。プリザーブドフラワーのプリザーブドとは「保存する」という意味です。花の美しさを長く保存するために考えられた方法です。花が部屋にあるだけでその場が華やかになりますし明るくなります。お部屋の装飾として最適です。


<毎日の水やりも必要ありません>

花を育てるには毎日の水やりは欠かせません。ほっておいては枯れてしまいます。毎日となると大変ですね。家を何日も空けるなどして水やりが出来ず帰ってくると花が枯れていては悲しいですね。プリザーブドフラワーは専用の液で加工された生花ですので、毎日の水やりは必要ありません。間違って水を上げたりしないで上手に扱えば10年以上その美しさを楽しむことも出来るようです。

Comments are closed.