プリザーブドフラワー花材を使うメリット

2014 - 08.28

プリザーブドフラワーに使う花材は種類も豊富です。
花を選んでプリザーブドフラワーを作るところから自分で行う方法もありますが、花選びが難しいことから、あらかじめその状態になっている花材を用いてフラワーアレンジメントを楽しむ方法もあります。
市販されている花材を使ってフラワーアレンジメントを行う方法が支持されるときには、いくつかの理由があります。


<花材を使うメリット>

プリザーブドフラワーは「花の一番美しい状態を長く維持する」という目的があります。
そのため「見てきれい」ということももちろんですが、「プリザーブドフラワーに適している花を選ぶ」ということが必要なのです。
水揚げがしっかりしていて、葉っぱにハリがある新鮮な花をつかいます。
新鮮さの目安は、花びらにもハリがあって、花びらやガクに傷などが入っていないものです。
こういった花を手に入れるのは「仕入れ」にこだわりを持っている生花店以外で手に入れることは難しいでしょう。
運送や店舗での保存方法などにも気を使わなければ、いい状態の生花を店頭に置くことはできません。
花材になっている花は、生花もプリザーブドに適している花になるように、生産の段階から管理されています。
そのためよりきれいで長持ちするプリザーブドフラワーになるのです。

Comments are closed.