プリザーブドフラワーは不祝儀に利用していいもの?

2014 - 06.26

プリザーブドフラワーは新しい加工されたお花で、特殊な液体に生花を付けて樹液などを抜き取って、枯れないように加工した新しい楽しみ方をするお花です。見た目はドライフラワーなどと違って生花のようなみずみずしさを持っているもので、買ってきたばかりのお花に近いことから、冠婚葬祭でも利用率が上がっているそうです。


プリザーブドフラワーは葬儀で使っていいの?

ウエディングの席では、花嫁さんの持つブーケなどに使うお花をプリザーブドフラワーにするという人も多くなっているそうです。そのままブーケを持ち帰ることもできますし、ばらして、披露宴に参列した人へプレゼントするというアイディアもあります。しかし、なかなか葬儀などでは目にしないと思っている人も多いかと思います。


夏場などは助かるという声も

生花は天気にも左右されやすいそうです。お水が悪くなることで枯れてしまいますし、たくさんのお花をもらった場合には、手間がかかってしまって大変だったというケースもあるため、中には不祝儀としてプリザーブドフラワーをもらってよかったという声もあります。ただし、仏壇に生花を行けるのは、お花が死んでいく様子を、仏教の教えに例えているという説などもあるそうですから、相手によっては無難に生花を選ぶといいでしょう。

プリザーブドフラワーの色移りに注意

2014 - 05.30

プリザーブドフラワーは、着色料を使って色を保っています。これが、長持ちの秘訣でもあるのです。しかし、着色料を使っているがためにデメリットもないというわけではないのです。着色料を使っているとどんな不都合が生じてしまうのでしょうか。


<触れ合っている布に色が転移してしまう可能性がある>

長期間プリザーブドフラワーを保存していると、触れ合っている布に着色料の色が点にしてしまう可能性があります。特に、色の薄い白や明度の高い布は色移りしてしまう可能性が高くなります。保存する際には、布は使用せずに別の素材を使用するのが望ましくなるかもしれません。色移りで布が台無しにならないようにしておくべきでしょう。


<花同士で色移りする事もある>

色移りしてしまうのは布だけではありません。花同士であっても色移りしてしまう可能性が出てくるのです。この場合、濃い色をしている花から薄い色の花に色移りしてしまうのだそうです。プリザーブドフラワーの全体の景観を保つためにも、濃い色と薄い色の組み合わせはなるべく避けるべきなのかもしれません。プリザーブドフラワーは濃い色どうし、または薄い色どうしで組み合わせていきましょう。布と花の組み合わせを考えて保管を心がけるべきです。

プリザーブドフラワーは風水に利用できる?

2014 - 04.14

ウエディングや誕生日、母の日などのプレゼントにプリザーブドフラワーのプレゼントを贈ることが多くなっているそうです。長い間、飾っておけることからもらったほうも直ぐに捨てなくていいこと、水やりなど細かい世話がいらないことがメリットとして挙げられています。


プリザーブドフラワーを風水に?

すべてを頼るというわけではないかと思いますが、家にいてふと気になるのが、風水の方向などだと思います。何もかもを風水の通りに、縁起の良い方向に!と考える人は少ないかもしれませんが、せっかく置くのならいい方向や、良いと言われることを行いたいと思うのは当然のことと考えられるかもしれません。しかしドライフラワーは、死んでいるお花として、風水上はあまりよくないと言われているそうです。


風水は生きた気を大切にするもの

新鮮なお花があるだけで少し気分がシャキッとするように、風水では生きているお花や植物から、元気を分けてもらおうと考えるものと言われているそうです。そのため、ドライフラワーなどは敬遠されてしまうというのですが、プリザーブドフラワーは生きたようなお花という理由から、利用しても問題ないと考える人が多いそうです。しかし、ほこりをかぶってしまうなど、ちゃんとお掃除をしてあげないとよくない気が貯まってしまうそうですから、プリザーブドフラワーのケアをしっかりしましょう。

生花でもなく造花でもないプリザーブドフラワーの魅力

2014 - 04.09

花というのはその場を華やかにし心癒される存在です。ですが花の美しさは短く時間が経てば枯れてしまいます。枯れた花は華やかさの反対でその場の雰囲気を暗くしていまいます。毎日花を交換できればいいのですがそれも金銭的にも大変です。プリザーブドフラワーは、水のいらない生花のようなものなのです。お部屋をいつも華やかに彩ってくれます。


<美しさが長持ちする花>

花の美しさがいつまでも続けば嬉しいですが時間が立ては枯れてきます。枯れた花は美しくありません。プリザーブドフラワーのプリザーブドとは「保存する」という意味です。花の美しさを長く保存するために考えられた方法です。花が部屋にあるだけでその場が華やかになりますし明るくなります。お部屋の装飾として最適です。


<毎日の水やりも必要ありません>

花を育てるには毎日の水やりは欠かせません。ほっておいては枯れてしまいます。毎日となると大変ですね。家を何日も空けるなどして水やりが出来ず帰ってくると花が枯れていては悲しいですね。プリザーブドフラワーは専用の液で加工された生花ですので、毎日の水やりは必要ありません。間違って水を上げたりしないで上手に扱えば10年以上その美しさを楽しむことも出来るようです。

いつまでも楽しめるプリザーブドフラワー

2014 - 02.19

綺麗な花を飾りたいけどすぐに枯れてしまう、忙しくてお手入れする暇がないという人にお勧めなのがプリザーブドフラワーです。寿命は1年から3年と長く、水やりの必要もないので誰でも気軽にお花を楽しむことができます。


長持ちするお花

以前お花を長く楽しみたいという人達は、ドライフラワーや造花を飾っていました。ドライフラワーとは生花を逆さまに吊るし、風通りのいい場所に置き自然乾燥させます。生花に比べて花の色は劣化してしまいますが、お花は長く楽しめます。同じお花を乾燥させることにより違った顔となり、二回楽しめるのがドライフラワーの魅力です。造花は本物のお花のように真似て作られており、主にポリエステルを使用しています。枯れてしまう心配はなくいつまでもお花を楽しむことができます。


生花に最も近いプリザーブドフラワー

ドライフラワーや造花のように長持ちするお花として今注目を集めているのがプリザーブドフラワーです。特殊加工により生花のような鮮明さを保つことができ、生花に最も近い状態で長期間お花を楽しむことができます。湿度や温度管理された状態の良い場所に飾ることで、10年位長持ちすると言われています。ほこりを払うことで常に美しい状態が保たれるので、ガラスケースに入れてプリザーブドフラワーを楽しんでいる人は増えてきています。

プリザーブドフラワーで最高の時間を過ごそう

2014 - 02.18

皆さんはご友人やご家族のお誕生日の際に何をプレゼントされているのでしょうか?
最近ではプリザーブドフラワーというお花を贈られている方が少しずつ増えてきているみたいです。
美しく長く保つことのできるお花ですので、贈り物として非常にお勧めです。
何か特別な日などにプリザーブドフラワーをプレゼントされるとよりよい素敵な時間を過ごすことが出来るのではないでしょうか。


プリザーブドフラワーは10年くらい保つことが出来る

プリザーブドフラワーは本当に長年保たせることが出来ますので、思い出や記憶を振り返りやすいかと思います。
ふと目に入った時にあの時はああだったよね、などという会話も出てくるかと思いますしあの時のお花がまだ美しいまま保たれていることのすごさに驚かれるかと思います。
もちろん、保存の仕方によって変わってくるかと思いますので大切に取り扱って下さるようお願いします。


お花も生きているから大切に

いくら枯れにくいといってもお花も生きていますので、生花と同じよう丁寧に扱ってあげるのが良いかと思います。
お花も生きていますのでそう考えるとなんだか家族の一員みたいで不思議な感じがしますね。
少しずつ色が変化してきますのでそれを楽しめるのもプリザーブドフラワーの魅力となっていますので、皆さんも楽しんでみるのはどうでしょうか?

プリザーブドフラワーは思い出も保てる

2014 - 02.18

プリザーブドフラワーは長く保つことのできるお花ですので、思い出もまた一緒に長く保つことが出来て良いかと思います。
お誕生日のプレゼントとして贈られるとか母の日や敬老の日に贈られるなど、その日からずっと保つことが出来ますのであのころはこうだったよね、などといった思い出も一緒に生きるかと思うのです。
美しいままで2~3年保つことが出来て少しずつ色が変わっていき10年ほど保つそうですので、その色の変化を楽しむのもプリザーブドフラワーの魅力の一つだと言われています。


プリザーブドフラワーも生きている

もちろん、プリザーブドフラワーも生きていますからいつかは枯れてしまいます。
ですが保管をしっかりして丁寧に扱っていれば少しでも長く保たせることが出来ますので、一緒に過ごすことが出来ます。
特に出産祝いなどに贈られた時には赤ちゃんの成長と共にプリザーブドフラワーを生きていきますので時間の長さや過去を振り返ったりできるのではないかと思います。
とてもデリケートなものですので、扱いは生花同様丁寧にしていただければと思います。


アレンジを楽しんでみよう

お店によってアレンジの仕方が異なってきますので、色々覗いて楽しまれても良いかと思います。
アレンジの仕方は異なってきますので、こっちのお店ではこうだったけれど前に見たお店のアレンジはこんな感じだったと比べてみるのも楽しいですよね。
色々な色のお花がありますのでとても興味深いと思います。
もちろん、花粉はありませんので花粉症の方も安心して楽しむことが出来ますよ。

プリザーブドフラワーを手作りして贈りましょう

2014 - 02.18

プリザーブドフラワーはお花屋さんや通販サイトで購入することが出来て非常に便利になってきましたが、そんなプリザーブドフラワーが手作り出来るという事をご存知でしたでしょうか?
実は必要なものを準備するとご自宅で手作りすることが出来るんです。
最近ではネットにもその作り方を紹介している方がいますので、そちらで確認されることをお勧めします。
ご自分で作ることが出来たらなんだか嬉しいですし楽しいですよね。


プリザーブドフラワーをプレゼントしよう

ご自分で作るのですからもちろん、お好きなお花と色を選ぶことが出来ますよね。
例えば誰かに贈る際にそのお相手のお好きなお花と色を選んで作ったら、きっと喜んでもらえるのではないかと思います。
特別な日などにはやっぱり手作りのものをプレゼントしたいと思いますものね。
プリザーブドフラワーは長く保つことのできるお花ですので、迷惑にもならずお相手の方も嬉しいのではないかと思います。


インテリアとして飾ってみよう

また、ご自宅のインテリアの一部としてプリザーブドフラワーを飾るのも良いかと思います。
お部屋のアクセントになりますし雰囲気も変わってくるかと思います。
お花がお好きな方でしたら、ガーデニングみたいに飾るのも良いかと思いますよ。
ただ、直射日光は避ける必要がありますので室内の涼しいところに置いてあげるようにして下さればと思います。
とてもデリケートですのでご自分で作られた際にも保管は大切にして下さいね。

プリザーブドフラワーで特別な日を盛り上げてみよう

2014 - 02.18

プリザーブドフラワーで特別な日を盛り上げることが出来たら嬉しいし楽しいとは思いませんか?
ドライフラワーとは違いますので取り扱いも比較的に大変ではないので非常に良いかと思うのですが、皆さんはどう思いますでしょうか。
お誕生日のプレゼントとして贈られたり、結婚式のお祝いにプレゼントしてみたりと幅広く用いることが出来てとてもお勧めです。
最近では結婚式のブーケとして使っているところもあるみたいですよ。


プリザーブドフラワーは男性向けもあります

プリザーブドフラワーは女性だけではなく男性向けのものもあります。
ですので、父の日などにも最適なのではないかと思いますし枯れにくいのでいつまでもとっておくことが出来て良いかと思います。
やはり紺色や白をメインとしたものが多く、お花の種類もバラが比較的に多いかと思いますがどれも上品な雰囲気を醸し出していて素敵だと思います。
気になる方は、ぜひ調べて覗いてみて下さればと思います。


色々な用途があるから嬉しい

お誕生日や結婚祝い、それ以外にも用途がありますから幅広く活躍するかと思います。
プリザーブドフラワーは枯れにくいお花ですのでお供えやお見舞いに選ばれている方もいらっしゃるみたいですよ。
色々な用途がありますから、それによって選ぶ色も変わってきてなんだか不思議な感じがして面白いですね。
もちろん、母の日のお花として贈られている方もいらっしゃるみたいですので枯れるのがネックだと思われていた方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

プリザーブドフラワーをプレゼントしよう

2014 - 02.18

プリザーブドフラワーは少しずつ有名になってきましたが、そんな有名になってきているプリザーブドフラワーを大切な方やご友人にプレゼントなさってみるのはどうでしょうか?
何かのお返しに贈られるのでも良いかと思いますし、サプライズでプレゼントされるのでも良いかと思いますよ。
枯れにくいお花ですのでいつまでも美しいまま飾っておくことが出来ます。
きっと贈られた方も喜ばれるのではないかと思います。


プリザーブドフラワーを見て楽しもう

プリザーブドフラワーには珍しい色をしたお花もありますので、サイトやお花屋さんを覗いているだけでもなんだか楽しいかと思います。
生花ではなかなか手に入らない色がありますのでそういったものをお部屋に飾ったり誰かに贈られると注目されるのではないかと思います。
他にもケーキの形をしたものもありますので、結婚のお祝いなどにもおすすめですね。
色々覗いてみて決める楽しさがあるのは嬉しいですよね。


小さい子がいても安心

また、小さなお子さんを抱えている方でも安心して飾ることが出来ます。
とげなどがありませんのでケガをしませんし、ケースに入れておけばなお安全ですし美しさを保つこともできますので良いかと思います。
お水を与えなくて良いので取り扱いも非常に簡単で比較的どなたにでも向いているかと思いますので、ぜひ調べてみて下さればと思います。